ギャラリー・メリーノ / 倉敷の竹久夢二ギャラリー・メリーノ

竹久夢二のオンラインショップ始めました。

 

ホームページも新しくなりました。

 

           

 

https://kurashiki-meli-no.com/

| お知らせ | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0)
本ができました! 山本 泰。水彩スケッチ。

山本 泰 。本

四冊目!

会期中販売いたします。

山陽新聞にも紹介されます。

 

作品展のご案内

| お知らせ | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0)
みにメリーノ 紹介
ギャラリー使用時は横のミニスペースで夢二作品を展示しています。


                   こちらのスペースもお貸しできます。
                   
| お知らせ | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0)
瀬戸内国際芸術祭 2013 に合せて

第1回 選抜作家展     ギャラリー・メリーノ 企画

2013年 3/20(水)〜4/21(日)

小豆島ラーメン  小豆島エンジェルロード店ギャラリー


芸術を目指す若者を応援していきたいという小豆島ラーメンとギャラリー・メリーノの思いでコラボが

実現しました。 

三人はギャラリー・メリーノで初個展を開き活躍している新進気鋭の若手作家です。

独自の表現をとおして描かれた画面には、色々な空気が存在し魅力を増しています。

力強く、しなやかに成長していく彼、彼女らの作品が大好きです。

皆様の心にとどめて頂き、羽ばたきの羽根をプラスできれば最高です。







| お知らせ | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0)
メリーノ の こだわり

 メリーノはギャラリーになる前は戦前から3代にわたる{ぬめりや}という屋号の布団屋でした。
父が15年前にあこがれていたギャラリーを始めました。
そして5年前に他界し私が引継ぎました。
普段は父の夢二コレクションとセレクトものを展示しています。が貸しギャラリーもしています。
若いアーティストを応援したいという思いから初個展の人がたくさん利用してくれています。
その後の彼等たちは飛躍的な活躍をしています。ほんと びっくり!
よだんですが現代アート・ハードエッジを芸大でやっていました。  

木綿わたのこだわり座布団を復活しました。







| お知らせ | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0)
陶芸家  青木 優三
 倉敷のみなさんはよくご存じの・・・・
陶芸家 青木 優三 さん の作品を扱うことになりました。




それとファンの方には楽しみなお知らせです。

来春の「春の暮らし器展」では

企画展として個展をしてくださることが決定しました。

2010年3月16日(火)〜28日(日)

| お知らせ | 17:01 | comments(1) | trackbacks(0)
企画展  鈴木 彩美 個展   新作
個展のための 新作です。



油彩で平面作品を制作しています。
絵の具の青とキャンバスの白。
この二つの色を使い画面を作っています。
画面のなかにはこの二つの色しかありませんが、
そこから様々なものが想起されるような
作品を作りたいと思っています。

作者コメントより

| お知らせ | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0)
初めての ☆☆☆
個展を企画展で開いてみたい! アートを志すあなたに・・・

作品、プロフィール、夢、等々教えてください。
お話しを聞かせていただいて「うん!なるほどいいなぁ。」と感じたら実現できます。
一度、ギャラリーを訪ねてみてください。
| お知らせ | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0)
企画展
アートを志す人達のためのメリーノの企画展

個展をすることで得るものがたくさんあると思います。
文化都市倉敷の若い人達に一歩踏み出せるきっかけにしてほしいと始めます。そして全国に海外にと飛び立ってくれればうれしいです。

第一回目は 倉敷芸術科学大学 油画コース4年生の宇都宮知憲さんです。
彼はこの度、独立展に初入選しました。タイトルは「静と動の悲劇掘廖■隠械姐罎任后

3月の個展に向けて新作の制作に意欲を燃やしています。
| お知らせ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0)
メリーノ ブログ開設
メリーノのブログを開設しました。
色々な出来事など更新していきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
SCHEDULEでは、展示情報やイベントのお知らせも行っております。
また、記事への書き込みにてお問い合わせも受け付けておりますのでこちらも併せて宜しくお願いいたします。
| お知らせ | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0)